建物調査・診断

ACCESS MAP

お問い合わせ

1級建築士事務所ジオ工房

〒003-0802
北海道札幌市白石区菊水2条1丁目
3-15-403
[TEL] 011-821-1759
[FAX] 011-821-1781

Houzzに登録中
の札幌市白石区, 北海道, JPの中山峰生

建物調査・診断とは

大型のマンションなどは、数年おきに定期報告が法律で義務付けされています。戸建て住宅はそのような定期報告の義務はありません。それは、大型の建物の場合、外壁モルタルの剥離落下や、タイルの剥離落下などにより、通行人や近隣住民に危害を与える影響が大きく、戸建て住宅と比べると危険の度合いも遙かに大きいことによります。
しかし、戸建て住宅は規模が小さいからといって全く危険がないかといえば決してそのようなことはありません。いくら規模が小さくても、外壁や屋根部材の不具合等により、利用者や通行人、近隣住民に危害を与える場合もあります。
建物の維持保全は、「経年劣化による危害防止、資産価値の低下防止や、生活環境の維持等が目的です」。建物の大小にかかわらず、維持、保全の為には的確な修繕工事が必要です、工事を検討される前に、建物調査・診断を行い、建物の不具合等を把握してから工事内容を計画する方が効率的でかつ、安価です、是非建物調査、診断を利用しましょう。

建物調査には2種類の調査があり、予備調査と詳細調査があります。予備調査の目的は現地に行き、目視調査と建物図面、関係書類及び建て主とヒアリングを行い、具体的な建物の問題を解決するために必要な方策を検討するための調査です。現地調査後予備調査報告書で詳細調査の必要性や、問題解決の方策を提案いたします。
詳細調査とは、目視で見えるものから、外からではわからない隠れた不具合、建物の造り方の問題による不具合、劣化による不具合、損傷等、様々な原因を追及するための調査です。
これらに基づき建物の不具合、劣化、損傷の程度など基本的な状況を把握し、そのデーターに基づき、修繕方法や修繕時期などの診断を行い、修繕方針の提案を行います。
「見た目は大丈夫だから」と安心せず、定期的に建物調査、診断を行いましょう。それが後々の「安全性」や「価値下落防止」に繋がります。次に詳細調査、測定の具体例を示します。

コンクリート壁のひび割れ幅測定

構造部材の含水率測定

非破壊調査、鉄筋配筋、かぶり厚さ測定調査

壁コンクリート部分の鉄筋配筋の状態、かぶり厚さの状態について、解体をしないで内部状況を測定、調査を行う方法です。

構造部材の含水率測定

壁の中などの金物、アンカーボルトなどの太さや長さを解体せずに測定、調査を行う方法です。コンクリート躯体の内部についても測定、調査を行うことが可能です。

使用道具一覧

調査内容

予備調査、詳細調査の流れ

STEP1 お問い合わせ

電話またはメールにてお問い合わせください。電話でのお問い合わせの際は、あらかじめお手元に建物確認申請書、建物図面をご用意頂くとスムーズです。

TEL:011-821-1759

STEP2 予備調査日時の調整

予備調査を依頼する日時をお伝えください。

STEP3 書類の準備

予備調査時には建築確認申請書、検査済証や建物図面をご用意ください。ない場合でも可能ですので、事前にご相談ください。

STEP4 予備調査報告書

予備調査に基づき、詳細調査の必要性、詳細調査に必要な費用等の予備調査報告書を提出いたします。検討の上詳細調査を行うか判断をお願いいたします。

STEP5 詳細調査、調査日時の調整

調査内容、費用、調査日時の承認を願います。

STEP6 詳細調査の実施

調査期間は通常3日間程度です。連続して3日間が経済的ですが、都合により難しい場合は事前にご相談ください。

STEP7 報告書作成、報告書提出

現地調査後、報告書の作成にかかる作業時間は約1ヶ月間を要します。

STEP8 損害の請求等

建物の不具合等に瑕疵が確認された場合については、損害の請求を行うことになります。この場合は、提携先の弁護士のご紹介をいたします。

STEP9 補強、改修設計

建物の補強、改修を行うことが決まった段階においては、補強設計及び改修設計のご依頼も受けております。ご相談ください。

STEP10 補強、改修工事監理

補強、改修工事の実施が決まったら、工事監理についてもご依頼も受けております。ご相談ください。

STEP11 アフターフォロー

補強、改修設計及び工事監理を行った場合、工事完成後のアフターフォローについても、ご相談に応じております。

よくある質問

調査、診断の料金を教えてください。
建物や現況等により異なりますが、予備調査費用については、札幌市内の木造戸建て住宅の場合は、一律 86,400円(消費税を含む)とさせていただいております。(予備調査報告書を含む)
予備調査作業時間はどの程度かかりますか?
予備調査に必要な現地作業時間は、ヒアリング(現象、状況等の確認)約1時間程度、現地目視確認 約1~2時間程度、合計2~3時間程度(場合により時間は前後します。)又、現地調査後、予備調査報告書作成には約1週間程度の作業期間を要します。
予備調査報告書を受け取った跡はどうすればいいですか?
予備調査報告書には、予備調査により判明した状況及び詳細調査の必要性、詳細調査に必要な費用等が記載されております。内容を確認の上、詳細調査に進むか、調査を打ち切るかご判断を願います。
建物の図面がない場合は、調査は出来ないのでしょうか?
建物の確認申請書及び検査済証、建物図面がない場合については、必要に応じて、新たに現況図面を作成することになります。
作成する場合は、現地調査を行い、図面を作り直す費用が別途必要になります、ご相談ください。
建物調査は建て売り住宅でも注文住宅でも対応は可能ですか?
もちろん可能です。
木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造など、構造や工法によって調査内容は変わりますか?
いずれの場合でも可能ですが、構造、工法、規模等により調査内容、箇所が変わります。
かなり築後年数が経っている建物ですが依頼は受けてもらえますか?
築後年数に関係なく調査可能です。ご安心ください。
地盤調査は行っていますか?
建物調査として行うこと、かつ、敷地内に調査スペースが有ることが条件になりますが可能です。但し新築住宅の場合など地盤のみの調査は、お受けしておりません。